画像
画像
画像
画像

banner

鼻炎に困ったらプロポリス

プロポリスのもととなるもの
プロポリスは、ギリシャ語に由来しています。
ラテン語の「支柱」プロップののproと、「都市」のpolisが合わせられた言葉です。
このプロポリスという言葉は、蜂の巣を指しています。
他に、アリストテレスは「樹皮の涙」と表し、日本では「ハチヤニ」と呼ばれていました。

プロポリスのもととなる成分は、樹脂です。
樹脂には優れた殺菌作用があり、植物の樹皮が傷ついた時に分泌され、芽や蕾にも行き届いている成分です。
この樹脂をセイヨウミツバチは集め、巣作りに用いています。
先ほどのプロポリスの語源の由来は、ここからきています。

プロポリスを用いた巣作りをするハチの巣は、木の穴などに作られ、通気性の良くない、封鎖された状態に近い状態になります。
そうした中で菌の繁殖を抑え、子育てをするハチの巣を守っている秘密が、このプロポリスの力です。

鼻炎にも良いプロポリス
鼻炎は、風邪などの感染、化学物質アレルギー、花粉アレルギー、他にほこりや砂、
タバコの煙、空気が乾燥しているなど、様々な要因で起こる鼻腔粘膜の炎症です。
鼻炎の場合、細菌性のものと、アレルギー性のものにより、使用する薬も異なります。

プロポリスには、多くの効果がありますが、その中で鼻炎の対策に有効な要素は、
抗酸化作用、抗炎症作用、免疫力調整作用、薬品の効果を高める作用、抗アレルギー作用などが挙げられます。

鼻炎による鼻腔粘膜の炎症は、その症状により、生活面においても支障が出る場合があるほどつらいものですが、
プロポリスの抗炎症作用により、その炎症が和らぎます。
また、アレルギーの原因のひとつには免疫力の低下が挙げられます。この点においても、プロポリスは効果的です。
簡単な使用法ですと、プロポリスを直接鼻の入り口や、内側に綿棒などでつけることでも、その効果は現れます。
プロポリスを扱った商品は多く出ていますので、症状や体質により、場合によっては医療機関で相談するなどして使用すると良いでしょう。

▼イソフラボンも美容や健康効果が高くおすすめです。詳しくはこちら

Copyright(c) 2011 PROPO PRO. All Rights Reserved.