画像
画像
画像
画像

banner

更年期障害とプロポリスの関係

更年期障害という言葉をよく耳にしますが、実際に更年期にならないとどのような症状がおこるのかはわからないものです。
思春期から始まった月経は一生続くわけではなく、
女性ホルモンの減少が始まると共に月経期間が長くなり、そのまま月経が終わります。
女性ホルモンの中でもエストロゲンの減少が特に深く関わっていて、
エストロゲンが分泌されなくなると共に、45才を過ぎたあたりから動悸や疲れやイライラを始めとする更年期障害が始まります。

このことからわかるように、更年期障害にはホルモンが深く関わってきています。
月経前や妊娠中に気持ちが不安定になったり、頭痛やめまいといった似たような症状がおこる時があります。
これは更年期障害の症状と似ていて、すべて女性ホルモンが関係しているということがわかりますね。

プロポリスにはビタミンやミネラル、女性ホルモンと似た働きをするフラボノイドが多く含まれているため、更年期障害を防ぐ作用があります。
更年期障害は、誰もが絶対になるわけではなく症状も様々なため、本人が気づかなかったり、周りに言われて初めて気づくこともあります。
更年期障害のためのサプリメントはありますが、気づいた時に飲み始めると、症状の落ち着きに時間がかかってしまいます。
プロポリスは、更年期障害のみに効果のある薬やサプリメントとは違い、
様々な病気や美容に効果のあるものなので、月経が少なくなり始めた頃から摂取することができます。
そうすると、更年期障害になることを未然に防ぐことができたり、症状が軽く済むことができます。

更年期障害は女性におこるものと言われていますが、最近では男性でも軽い症状がでている人がいます。
いつも以上に疲労感を感じやすくなったり、少し体調に変化を感じた時には、男女関わらずにプロポリスを摂取してみましょう。
更年期障害の症状が既に出ていて、買いに出かけるのもしんどいという時には、
ネットでたくさんの種類のプロポリスを簡単に購入することができ、すごく便利になっています。

Copyright(c) 2011 PROPO PRO. All Rights Reserved.