画像
画像
画像
画像

banner

歯肉炎予防にプロポリス

歯磨きをした時に出血をしたり、歯茎が腫れているといった症状に悩まされている人は少なくはないでしょう。
歯茎に傷がついたのかと考えたり、少し歯茎が弱っているだけなのかと安易な考えで放置していませんか。

歯茎の腫れや出血は歯肉炎になっている可能性が高いです。
歯肉炎を放置してしまうと、悪化して歯周病になることがあり、ひどくなると大切な歯を抜歯して失うことになってしまいます。
歯肉炎は口の中の細菌からなるもので、原因には歯磨きを怠ったり、磨き残しによるものがあります。
歯肉炎になってから慌てて歯磨きをしても、なかなか完治するのは難しいものです。

歯磨きをする度に出血をしている人は、放置せずに早めに歯科医に診てもらうのも良いですが、自宅で解決できる方法があるのが一番ですよね。
そこで、あらゆる病気に効果があり殺菌作用もあると言われているプロポリスを摂取することをお勧めします。
プロポリスは、歯肉炎、歯周病、口臭にも効果があると言われているため、口内を清潔に保つように働きかけてくれます。
最近では、プロポリス配合の歯磨き粉も発売されているので、サプリメント摂取等と共に歯磨き粉で口内を清潔に保つようにしましょう。

しかし、プロポリスを摂取すれば歯磨きを怠っても良いというわけではありません。
プロポリスは、口内を清潔に保つ手助けをするだけのものなので、
せっかくプロポリスの力で歯肉炎から遠ざかることができたのなら、繰り返さないように毎日の歯磨きを丁寧にするようにしましょう。
プロポリスには歯茎の新陳代謝を活性させる効果もあるため、強い歯茎になります。
プロポリスで歯茎の状態を良くし清潔にすることが、歯肉炎との悩みの解決策にもなります。

歯は虫歯だけが悩みではありません。
虫歯がないからといって油断していると、様々な口内の病気をひきおこし、口臭の原因にもなってしまいます。
虫歯等の痛みがない限りは歯医者に行く人が少ないため、虫歯以外の病気に対して手遅れになる可能性が増えてしまいます。
なかなか治りにくい歯肉炎になる前に、常にプロポリス入りの歯磨き粉を使ったり、プロポリスを摂取して清潔に保っておきましょう。
そして、既に歯肉炎になった人は、ひどくなる前に早めにプロポリスを摂取することをお勧めします。

Copyright(c) 2011 PROPO PRO. All Rights Reserved.