画像
画像
画像
画像

banner

アトピー性皮膚炎と戦う人たちに

アレルギー疾患のひとつである「アトピー性皮膚炎」。

最近では、子供だけではなく大人になってから発症するというケースも少なくありません。

強いかゆみを伴うため、小さなお子さんは我慢することができず、かきむしって時には血がでてしまうこともあります。

そんなわが子の姿を見るのは、親にとってはとてもつらいことでしょう。

特に、ひざの裏側やひじの内側といった柔らかな皮膚に症状が出やすいため、かゆみを感じやすく、また出血しやすいのです。

しかし、皮膚科で処方される薬は副作用が強いうえに、炎症を抑えているだけなので依存しやすいのです。

そのため、使っていくうちに効き目が薄れてしまい、より効き目の強いものを使うようになってしまいます。

効き目が強いということは、当然副作用も強いということですから、使うのをためらってしまう人が多いのも事実です。

最近の皮膚科では、副作用を懸念する患者さんのために、アトピー性皮膚炎に効果のあるといわれている「プロポリス」を使用した治療を行なっているところもあります。

もちろん薬ではないので確実に治せると言い切ることはできませんが、多方面から原因を追求しきちんと診察をし、その流れの中で保湿剤として使用したり、また入浴剤として使用したりしています。

もともとアレルギーというのは、自分が持っている免疫が過剰に反応してしまったため、本来なら自分自身を守ってくれる免疫細胞が自分を攻撃してしまい、症状を引き起こしてしまうといわれています。

そのため、免疫力を高め、免疫反応を調整する力が必要となります。

このようなアレルギーを引き起こす原因は、大気汚染や偏った食生活、ここ数年深刻な問題になっている花粉など、さまざまなものがあげられます。

また、ストレスによって発症するケースもあります。

ストレス社会といわれている現代。

最近では大人だけでなく小学生のうちから過度のストレスを感じている子供も多くいます。

ストレスが増加しますと、免疫力の低下につながりますので、アレルギーを引き起こす原因となってしまうのです。

ここで勘違いしてはいけないのが、アレルゲンを遠ざけることで症状が治まると思ってしまうことです。

大切なのは、アレルゲンに反応しない、負けない強い体を作ることなのです。

そのほか、皮膚のバリアー機能が低下しているために発症しやすくなると思いがちですが、皮膚の表面よりも目に見えないバリアー機能の低下に注意が必要です。

天然の抗菌作用があるといわれているプロポリスには、抗アレルギー作用、免疫力の増加に効果的で、自然治癒力を高め、菌や痛みなどに対して強い体を作る成分が入っています。

そのため、アトピー性皮膚炎をはじめとしたアレルギー疾患に有効であるといわれています。

また、プロポリスを直接摂取するだけでなく、塗るタイプのものやプロポリス配合のスキンケア製品などもあります。

もちろん赤ちゃん用のものもありますので、安心して使うことができます。

Copyright(c) 2011 PROPO PRO. All Rights Reserved.