画像
画像
画像
画像

banner

プロポリスのサプリは産地が重要

私たち人間はミツバチが作り出す様々なものから恩恵を受けてきました。

その中の一つプロポリスは植物の新芽や樹皮などからミツバチが採取したものに自身の分泌物を混ぜ合わせて作られた樹脂状の物質です。

天然の抗生物質と呼ばれ、、強力な抗菌、殺菌効果、抗炎症効果などがあることで知られています。

ミツバチは自身が作り出したプロポリスを巣の周りにつけることで自分たちの巣の中に他の虫や雑菌などが入り込まないように隙間を埋めて守ると言われています。

その強力な殺菌効果は古代エジプトではミイラの腐敗を防止するために使用され、古代ギリシャでは感染症の防止や傷口の消毒などに利用されてきました。

現代でもヨーロッパの一部の国では医薬品として認可されているほどその効果は確かなものです。

原産地はブラジルやオーストラリア、ニュージーランド、中国などで、日本でも生産されています。

大きく分類するとブラジル産とヨーロッパ産のものに分かれます。

それぞれに含まれる成分が大きく異なることから、効果効能が違ってきます。

ブラジル産のものは抗がん作用が期待でき、ヨーロッパ産のものは抗酸化作用が高いという特徴があります。

プロポリスはサプリメントから摂取するのが一般的です。

高品質で安全面でも優れたサプリメントを選ぶことが重要です。

また、ミツバチの種類や、元になる植物の種類によっても含まれる有効成分が全く違ってきます。

ポリフェノールやフラボノイド、そのほかにもビタミンやミネラル、アミノ酸や脂肪酸などが豊富に含まれており、含まれるフラボノイドの種類はケセルチン、ピノセンブリン、ガランギン、ピノバンクシンなどで、かつてはその主成分はケセルチンだと考えられていましたが、現在ではケセルチンの含有量はヨーロッパ産、ブラジル産に関係なくあまり多くないという研究結果が判明しています。

ブラジル産のものにはPクマール酸誘導体のアルテピリンC,キナ酸のカフェ酸エステル類、テルペン類など、ヨーロッパ産のものにはない成分が含まれています。

Pクマール酸誘導体というのはブラジル産の主成分で、抗がん作用や抗酸化作用、抗菌効果が高く、その他にもメラニン色素をできにくくするチロシナーゼ阻害作用による美白効果などがあげられます。

また、カフェ酸エステル類には強い抗酸化作用があり、マクロファージを活性化させる作用、肝臓を保護する効果などがあります。

テルペン類には抗がん作用や胃潰瘍を引き起こすとされるピロリ菌に対する抗菌作用によって胃潰瘍や十二指腸潰瘍を予防する効果などがあります。

アフリカミツバチと西洋ミツバチの混血であるアフリカ蜂化ミツバチが集めたもので、ブラジルのミナスジェライ州産のものが代表的で、採取される植物はバッカリス、ドラクンクリフォリアの若葉や新芽から作られます。

それに対してヨーロッパ産のものは西洋ミツバチが主にポプラから集めたものでできています。

プロポリスの産地はとても重要で、ブラジルのミナスジェライス州産のものが最も高級品質とされています。

Copyright(c) 2011 PROPO PRO. All Rights Reserved.